\ 【9/30 23:59まで】最大50%OFFのキャンペーン中 /

ロボット掃除機水拭きのデメリットは?いらない理由10選まとめ

ロボット掃除機水拭きのデメリットは?いらない理由と買って後悔した理由10選まとめ
この記事はこんな人におすすめ
  1. 水拭きタイプのロボット掃除機』を購入するか悩んでいる
  2. 水拭きタイプのロボット掃除機』のデメリットいらない理由を知りたい
  3. 水拭きタイプのロボット掃除機』を買って後悔したくない

スイッチを押すだけで家全体を自動で綺麗にお掃除してくれる「ロボット掃除機」。

ひなた

水拭きタイプのロボット掃除機デメリットが気になって購入に踏み切れない人はいませんか?

結論を先に申し上げると、水拭きタイプのロボット掃除機には以下のようなデメリットがあります。

  • 床の材質によっては使用できない
  • 段差に弱い
  • 手間やコストがかかる
  • 湿度が高い日は床がべたつく
  • 洗剤が使えない

しかし、水拭きタイプのロボット掃除機デメリットを上回るメリットがある魅力的な商品で、いらないということはありません。

ただし、「水拭きタイプのロボット掃除機」は本当に魅力な商品かどうか、使っている人の声を聞いてから購入しないと、後悔することになります。

そこで今回は水拭きタイプのロボット掃除機の以下項目について解説します。

この記事を読めば、水拭きタイプのロボット掃除機の良さが分かり、購入の参考になること間違いなし!

床の水拭き掃除を機械に任せ、浮いた自分で有意義な時間を過ごしたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

ひなた

私の一番おすすめの商品は「ブラーバ390j」です。数年使っていますが、故障もなく、快適に掃除をしてくれています。

\ 一番おすすめの商品はこちら /

\【9/30 23:59まで】最大50%OFFのキャンペーン中/
楽天市場

この記事を書いた人

ひなた(ブログ管理人)

  • 現役の家電量販店店員(マネージャー)
  • 家具家電・インテリア業界15年目
  • 商品を買って後悔したくない人向けのまとめサイト(当サイト)を運営中

※当サイトは消費者庁国民生活センター・文部科学省・農林水産省・厚生労働省のようなサイトでリーガルチェックを行っております


この記事の結論

『水拭きタイプのロボット掃除機』のデメリットやいらない理由

『水拭きタイプのロボット掃除機』を最安値で買う方法

読み飛ばしガイド
タップできる目次

水拭きタイプのロボット掃除機のデメリットやいらない人の口コミ

 水拭きタイプのロボット掃除機のデメリットやいらない人の口コミ

水拭きタイプのロボット掃除機」のデメリットいらないという人の口コミをまとめました。

床の材質によっては使用できない

段差に弱い

手間やコストがかかる

湿度が高い日は床がべたつく

洗剤が使えない

その他の理由について

ひなた

紹介したのは5つですが、以下のような理由もありました

「水拭きタイプのロボット掃除機」を買って後悔した理由
  1. 濡れて困るカーペットや畳には使えない
  2. タンクが乾きにくい
  3. 水拭き後はすぐに回収しないと充電台が濡れる
  4. レールや細かい溝のゴミは取り切れない
  5. クイックルワイパーに劣る

\ 一番おすすめの商品はこちら /

\ 一番おすすめの商品はこちら /

\【9/30 23:59まで】最大50%OFFのキャンペーン中/
楽天市場

水拭きタイプのロボット掃除機のメリットや買ってよかった人の口コミ

水拭きタイプのロボット掃除機のメリットや買ってよかった人の口コミ

デメリットをたくさん紹介してきましたが、「水拭きタイプのロボット除機」を買うメリットもあります。

水拭きで手が荒れない

素足で歩ける(スリッパがいらない)

子どもがいる家庭では特に大活躍

その他の買って良かった口コミについて

ひなた

紹介したのは3つですが、以下のような良い口コミもありました。

「水拭きタイプのロボット掃除機」を買ってよかった人の口コミ
  • 水拭きがないタイプよりホコリや花粉を舞い上がらせにくい
  • 水拭きがないタイプより音が静か
  • 家具の下も水拭きしてくれる
  • 自分で水拭きする負担を軽減してくれる

\ 一番おすすめの商品はこちら /

\【9/30 23:59まで】最大50%OFFのキャンペーン中/
楽天市場

水拭きタイプのロボット掃除機がおすすめな人・おすすめじゃない人の特徴

水拭きタイプのロボット掃除機がおすすめな人・おすすめじゃない人の特徴

水拭きタイプのロボット掃除機」が最終的に自分に合う・合わないは必ずありますので、以下を参考にしてみてください。

おすすめな人の特徴
  1. 赤ちゃんや小さい子どもがいる家庭
  2. 床の拭き掃除を楽にしたい
  3. 出費はできるだけ抑えたい
  4. 花粉症に悩んでいる
  5. 狭いところまで自動で掃除をしてほしい
おすすめじゃない人の特徴
  1. 掃除中の音が気にならない
  2. こまめに自分で掃除するのが好き
  3. 値段は気にしない
  4. 花粉症ではない

\ 一番おすすめの商品はこちら /

\【9/30 23:59まで】最大50%OFFのキャンペーン中/
楽天市場

水拭きタイプのロボット掃除機失敗しない選び方について

水拭きタイプのロボット掃除機失敗しない選び方について

水拭きタイプのロボット掃除機』を購入するときは、以下の点に注意して選びましょう。

マッピング機能があるか

「マッピング機能」とは部屋を走行しながら、地図を作成し、部屋全体の大きさや置かれている物の位置を把握し、次回から効率よく掃除をするための機能です。

「マッピング機能」を搭載していない機種は、壁にぶつかりながら角度を変えるなど、同じ動作パターンでしか掃除できません

家具の位置や間取りによっては同じところを回ってしまい、余計な時間がかかってしまいます。

メンテナンスがしやすいか

掃除のたびにウォーター・タンクに水を入れたり、モップやシートを頻繁に交換したりするのは大変です。

吸引タイプのロボット掃除機(ルンバなど)には、充電ステーションが集めたゴミを自動で吸い取る機能が搭載されている機種があります。水拭きタイプのロボット掃除機も、自動でメンテナンスしてくれる機能があると便利です。

\ 一番おすすめの商品はこちら /

\【9/30 23:59まで】最大50%OFFのキャンペーン中/
楽天市場

水拭きタイプのロボット掃除機のおすすめ7選

ここでは「水拭きタイプのロボット掃除機」の「おすすめ商品」を7つ紹介します。

iRobot(アイロボット)ブラーバ390j(B390060)

\ 一番おすすめの商品はこちら /

\【9/30 23:59まで】最大50%OFFのキャンペーン中/
楽天市場

四角い形をしているので壁際や部屋の角にも沿いやすく、拭き残しがほとんどない製品です。

安いロボット掃除機にありがちな、カーペットやラグに乗り上げて掃除してしまうトラブルはしっかり防止してくれる機能を搭載。からぶきと水ぶき、どちらも得意です。

寝ているときにも使える静音モデルなので、時間帯を気にせず使えます。

Panasonic(パナソニック)『ローラン(MC-RM10)』

花王『クイックルワイパー』のシートに対応しており、人間が雑巾を使うように本体に巻き付けたシートで汚れた面を変えながら掃除してくれます。

時間が経つとローラーが回転し、いつでもきれいな面で掃除してくれるのでフローリングがよりピカピカになります。

量販店などで取り寄せるタイプの専用品を買う必要はありません

ECOVACS(エコバックス)『DEEBOT U3』

\【9/30 23:59まで】最大50%OFFのキャンペーン中/
楽天市場

この製品は5.7cmと最小クラスの背の低さが特徴です。

従来のロボット拭き掃除機だと入ることができなかった家具の隙間にも入り込むことができるので、背の低い家具の奥までしっかり拭き掃除ができます

iRobot(アイロボット)床拭きロボット ブラーバ ジェット m6

最大60畳の広範囲な掃除が可能なロボット掃除機です。

専用のパッドを使えば自動で水拭き・からぶきを選択し、その汚れにあった最適な掃除方法を判断してくれます。

ジェットスプレー機能で、汚れを浮かびあがらせふき取ってくれます。安全設計で多数のセンサーを搭載しているので、落下の心配やカーペットやラグ・絨毯などに乗り上げることも回避してくれます。

間取りを学習・記憶するスマートマッピング機能もついているので、アプリで連携すれば侵入禁止エリアの指定といった細かな設定もできます。

ECOVACS(エコバックス)DEEBOT OZMO 950

マッピング機能搭載で効率よくお掃除!

レーザースキャンを使って間取りを測定・記憶し、最適なコースで掃除してくれるマッピング機能を搭載。無駄のない動きで、安心して掃除を任せられます。

スマホとアプリを連携すれば部屋ごとに掃除範囲を設定したり外出先からも操作が可能です。スケジュール設定しておけば好きな時間に掃除が完了しているので、身支度や買い物など自分の時間にあてることができますよ。

SOUYI-JAPAN(ソウイジャパン)ロボット掃除機 (SY-111)

高さわずか約7.5cmの薄型タイプのロボット掃除機で、高性能モーター搭載により強力吸引が可能です。リモコン付属のため、吸引力変更や予約機能など操作は簡単です。

掃除完了時や充電がなくなるときに、自動で充電スタンドに戻る自動充電機能も搭載しているため「充電を忘れてしまい掃除ができない!」なんてことを心配する必要はありません。

水拭きロボットクリーナー レイコップ ミズロボ(RMR-100JPWH)』

ちょっと変わった形ですが、パワフルな清掃力をもつ水拭き専用ロボット掃除機です。

運転モードは自動のほか、壁際、ターボ、手でふいたようなY字など計7種類の多彩なふき方を搭載。からぶきも可能です。目に見えない物質までも除去してくれるので、掃除機で吸った後の仕上げにもぴったりです。

床にやさしいマイクロファイバー製の2つのモップが、自動給水で乾くことなく水拭き掃除をおこないます。

水拭きタイプのロボット掃除機を安く買う方法は「楽天市場」を使うのがポイント

『水拭きタイプのロボット掃除機』を安く買う方法は「楽天市場」を使うのがポイント

水拭きタイプのロボット掃除機」を扱っているメーカーで一番有名なのは「エコバックス」です。

「エコバックス」の製品が購入できる場所は、「Amazon」、「楽天市場」、「ヤフーショッピング」ですが、「エコバックス」楽天市場店経由なら、定価より安く購入することが可能です。

\ 一番おすすめの商品はこちら /

Amazonで商品を買う場合は、「Amazon Prime Mastercard」で決済すると、ポイントが+2.0%(プライム会員のみ)もらえるのでおすすめです。ちなみに、Amazonプライム30日以内に解約すれば費用はかかりません

\ ポイント+2.0%(プライム会員のみ) /

ロボット掃除機水拭きタイプに関するよくある質問

ロボット掃除機水拭きタイプに関するよくある質問

ロボット掃除機水拭きタイプについて、よくある質問をまとめました。

水拭きタイプのロボット掃除機はカビが生えたりしますか?

モップをそのままにしておくとカビが生える可能性があります。

掃除終了後はモップを必ず外しましょう。

水拭きタイプのロボットにクイックルワイパーのシートは使えますか?

ドライシートは使えますが、ウェットシートは推奨されていません。

水拭きタイプのロボット掃除機とクイックルワイパーがどっちがいいですか?

水拭きタイプのロボット掃除機をおすすめします。

ひなた

\ 一番おすすめの商品はこちら /

\【9/30 23:59まで】最大50%OFFのキャンペーン中/
楽天市場

ロボット掃除機水拭きのデメリットは?いらない理由と買って後悔した理由10選についてのまとめ

ロボット掃除機水拭きのデメリットは?いらない理由と買って後悔した理由10選についてのまとめ
この記事の結論

『水拭きタイプのロボット掃除機』のデメリットやいらない理由

『水拭きタイプのロボット掃除機』を最安値で買う方法

読み飛ばしガイド

水拭きタイプのロボット掃除機」はデメリットが多いように見えて、使ってみるとメリットの方が大きく感じる商品です。

床の水拭き掃除を機械に任せ、浮いた自分で有意義な時間を過ごしたい人は、購入を検討してみてください。

\ 一番おすすめの商品はこちら /

\【9/30 23:59まで】最大50%OFFのキャンペーン中/
楽天市場
タップできる目次